日本基準寝具



【 沿革 】

昭和38年 8月
広島市南区宇品において創業開始 資本金500万円
昭和38年11月
会社設立
昭和40年 2月
増資 資本金1,350万円
昭和42年 6月
株式会社アサヒランドリーと合弁 資本金2,150万円
昭和48年10月
リースキン部門及びリネンサプライ部門拡張のため、海田工場を建設
昭和53年 6月
増資 資本金4,300万円
昭和54年 4月
海田工場一部分離独立(西日本リネンサプライ株式会社)
昭和56年 4月
東部地区の業務が拡張したため、岡山営業所開設
昭和60年 8月
広島県知事指令職安第9号にて「広島県心身障害者多数雇用事業所」として奨励指定
日本障害者雇用促進協会の助成を受け「重度障害者多数雇用事業所」(廿日市工場)稼働開始
平成3年12月
シルバーマーク認定
平成3年12月
新本社屋落成(6階建)
平成4年 7月
医療関連サービスマーク認定
平成5年 3月
日本障害者雇用促進協会、及び日本開発銀行の支援を受け佐伯工場完成
平成8年12月
岡山及び山口にエコールショールームを開設
平成10年 2月
在宅介護サービスシルバーマーク認定事業開始
平成11年 7月
エコール古市ショールーム(現 介護ショップエコール古市店)開設
平成13年 2月
廿日市メンテナンスセンター 開設
平成13年 6月
エコール在宅介護ステーション(大町)開設
平成13年11月
エコール在宅介護ステーション中央 開設
平成13年12月
備中高松ショールーム(現 介護ショップエコール備中高松店)開設
平成14年 2月
福山営業所 開設
平成14年 5月
岡山営業所 移転
平成16年 1月
エコール在宅介護ステーション安佐北 開設
平成18年 4月
エコール在宅介護ステーション東 開設
平成20年 1月
エコール訪問看護ステーション 開設
平成20年 7月
岡山中央営業所 開設
平成21年11月
周南営業所 開設
エコール在宅介護ステーション佐伯 開設
平成22年 4月
特定建設業(建築、屋根、鋼構造物)工事業の取得
平成24年 5月
エコール・デイ宇品 開設
平成24年 7月
広島メンテナンスセンター 開設
平成24年 9月
経営管理本部、リネンサプライ事業部、エコール事業本部 移転統合
平成25年 6月
エコールenta24安佐南 開設
平成25年 8月
エコール・デイ西条 開設
平成26年10月
エコールenta24安佐北 開設
平成26年12月
介護ショップエコールフジグラン高陽店 開設
平成27年 2月
エコール在宅介護ステーション廿日市(エコール在宅介護ステーション 佐伯より移転・改称)、メゾン・ド・エンタ廿日市、エコール・デイ廿日市及び エコール・デイ高陽 開設
平成27年 3月
エコールenta24中央 開設
平成28年 2月
エコール訪問看護ステーション西条 開設
平成28年 3月
呉営業所 開設
平成28年 9月
エコール・デイ宇品 拡張



東洋観光グループ